奈良市の粗大ゴミは丁寧に分別されています

奈良市の粗大ゴミは丁寧に分別されています

長く使っているとどうしても調子が悪くなってきてしまい、粗大ゴミに出さなくてはいけなくなります。
奈良市では全国の中で一番細かく分別しています。
海外でリサイクルは当たり前で特に、欧州では盛んに行われています。
それに見習って日本でもエコ活動の輪が広まってきました。
近年では分解した部品を綺麗にして海外に輸出もしています。
海外では日本の粗大ゴミも一流の製品として扱われている事が多いのです。
なので、どんなに大きな物でも綺麗に分解をして使えるかどうかを確かめて輸出するようにしています。
奈良市では、専門の部署を作り全国の見本となるように率先してゴミの分別に力を入れるようになりました。
今では、他の県からも視察に来る役所の人も増えてきており、この活動が広まりつつあります。
今では一般の家庭にも分かりやすく奈良市のホームページ上に粗大ゴミ分別のやり方を載せています。
今までは問い合わせが多かったのですが、ネットに載せてからは少なくなったようです。

粗大ゴミの回収業者が多い奈良市

多くの自然環境が残っており、世界的な文化遺産もあるのが奈良市です。
その為、少しでも街の景観を守るように粗大ゴミの回収の業者が全国に比べて多いのです。
前の記事でも紹介したように、海外では普通にリサイクルされているのです。
年々、世界中から日本を訪れる旅行者が多くなっており、必ず日本的な文化を感じられる京都や奈良市に行く事がほとんどです。
なので、綺麗な街並みを維持する為にも粗大ゴミを見過ごすわけにはいきません。
不法投棄でそのへんに捨てられていては日本のイメージが大きく傷つきます。
こまめに市内を見回りするようになりました。
一般の家庭から出る物だけを回収するのではなく都市全体を綺麗にしようとする全国で動きが盛んになっています。
例えば、地域のボランティアと市が協力をして緑の保護をしたり積極的に公園などに花を植えたりするような活動が増えつつあります。
その為、環境部門を多くして粗大ゴミの回収業者を増やす事で、街を綺麗に守る事にしました。
奈良市ではそのおかげでとてもクリーンな街として表彰されるようになりました。

粗大ゴミは奈良市では他の製品にリサイクルしています

同じ製品に生まれ変わる事が例え出来なくても、粗大ゴミをリサイクルして他の製品にする事は可能です。
奈良市では前の記事でも紹介したように、細かく分解をしています。
その為、中に含まれている鉄や金などが大量に取れるので、それを仏像の修繕に利用したり、お寺の金箔に再利用したりしています。
銀や銅も取れる事があるので、大きな工場に運んで新しい製品として一般にまた売るようにしています。
大幅なコストカットにも繋がります。
それにその分作業が早くなるので工場の運営も早くなりより多くの製品を作る事が出来ます。
奈良市でリサイクルされた製品は特に、日本的な伝統工芸品になったりして海外の人達からとても人気が高いのでお土産としてよく売れるようです。
この前、奈良市にあった粗大ゴミをまとめて処分した
食べ物だけではなく、海外の人は日本の文化にもとても大きな興味を抱いており中には奈良市の歴史にとても詳しい人もいるくらいです。
元々は、粗大ゴミの一部だった物が綺麗な製品として生まれ変わる事が出来ると言う事はとても素晴らしい事だと思います。